留守key@blog

作曲家創作漫画を描くサークル「留守key」のブログ。

stay home応援企画 10月「チャイコフスキー」公開 3

stay home応援企画 10月「チャイコフスキー」公開 3

新型コロナウィルス感染症の拡大にともなうstay home応援企画。
10月 チャイコフスキー/ バレエ音楽「白鳥の湖」、前回の続きです。


ボリショイ劇場での新作バレエは波乱含みの展開、はたして栄えある初演は?

※画像は低解像です、ご了承ください。
※また、許可のない転載や複製はお控えください。著作権は留守keyが保持しています。
チャイコフスキー20-21

チャイコフスキー22-23

チャイコフスキー24-25

チャイコフスキー26-27

※マンガ編はここまで。次回楽曲コラム編へ続く。

帝政ロシア/ロマノフ朝第12代ロシア皇帝アレクサンドル二世
クリミア戦争敗戦後のロシアを立て直すべく、農奴解放などの様々な改革を行った皇帝として、またその後の暗殺事件により帝政ロシアは終焉を迎える最後の皇帝でもありました。
アレクサンドル二世
※wikipediaより

渾身のバレエ「白鳥の湖」は失敗に終わり、チャイコフスキーはバレエから遠ざかりますが、
フランス人の天才振付師マリウス・プティパとの縁で10年ぶりに新しいバレエに取りかかります。
その作品が「眠りの森の美女」です。
そのバレエ音楽から、最も有名な「ワルツ」。
https://www.youtube.com/watch?v=2q4aCMEaja4

stay home応援企画 10月「チャイコフスキー」公開 2 

stay home応援企画 10月「チャイコフスキー」公開 2

新型コロナウィルス感染症の拡大にともなうstay home応援企画。
10月 チャイコフスキー/ バレエ音楽「白鳥の湖」、前回の続きです。


モスクワ・ボリショイ劇場からの依頼に、新しい発想でバレエを提唱するするチャイコフスキーでしたが…。

※画像は低解像です、ご了承ください。
※また、許可のない転載や複製はお控えください。著作権は留守keyが保持しています。

チャイコフスキー12-13

チャイコフスキー14-15

チャイコフスキー16-17

チャイコフスキー18-19

※次回に続く

「白鳥の湖」初演を迎えるボリショイ劇場 内部 (Wikipediaより)
800px-Inside_Moscow_Bolshoi_Theatre[1]

※バレエ音楽「白鳥の湖」は、作曲者の手による演奏会用の組曲がまとめられていません。
指揮者によって比較的自由にバレエからの音楽を抜粋して演奏、あるいは録音されています。
その選曲によって指揮者が「白鳥の湖」のどこを聴いてほしいかがわかり、興味深いと思います。
最も一般的で、演奏機会の多い組曲版です。
1.情景(第二幕)、2.ワルツ(第一幕)、3.4羽の白鳥の踊り(第二幕)、4.王子とオデット姫のグラン・アダージョ(第二幕)、5.ハンガリーの踊り(第三幕)、6.フィナーレ(第四幕)

演奏はチャイコフスキーへの愛情溢れるチェリストのロストポーヴィチが満を持してベルリン・フィルの指揮に立った素晴らしい記録です。
https://www.youtube.com/watch?v=oDpunDUU8WU


stay home応援企画 10月「チャイコフスキー」公開 1

stay home応援企画 10月「チャイコフスキー」公開 1

新型コロナウィルス感染症の拡大にともなうstay home応援企画。
10月「チャイコフスキー」です。
テーマ楽曲は、バレエ音楽「白鳥の湖」です。

作曲家創作漫画同人誌の第8作として、2018年5月に初版を発表いたしました。
好評をいただき、同年12月には早くも第二刷りとなりました。

まだ駆け出しの作曲家であった若きチャイコフスキーは、モスクワにあるボリショイ劇場との共同で新作バレエの仕事を依頼されます。
それが「白鳥の湖」でした。

舞台芸術に憧れを持っていたチャイコフスキーは、ここぞとばかりに意欲的にドラマと音楽の創作に挑みましたが・・・。
誰もが知るバレエの名作「白鳥の湖」ですが、その創造過程と舞台初演までは信じがたいことの連続でした。
「二度とバレエは創らない」とまでチャイコフスキーを追い詰めた、複雑で数奇な出来事に焦点を当てて描きました。

※画像は低解像です、ご了承ください。
※また、許可のない転載や複製はお控えください。著作権は留守keyが保持しています。

チャイコ表紙
チャイコフスキー02-03

チャイコフスキー04-05

チャイコフスキー06-07

チャイコフスキー08-09

チャイコフスキー10-11

(次回に続く)

「白鳥の湖」初演を迎えるボリショイ劇場正面(モスクワ) Wikipediaより
800px-Moscow_Bolshoi_Theatre_2011[1]


バレエの開始を告げる「序奏」から幕が開く最初のシーンまでの演奏。
組曲には入っていない曲ですが、きわめて重要な音楽。
美しく、切なく、そしてドラマティックな「序奏」と、幕開け最初の華やいだシーンを聴くだけでもチャイコフスキーの意気込みが伝わります。
https://www.youtube.com/watch?v=dmWvui140Hs

人気ある「第一幕のワルツ」
https://www.youtube.com/watch?v=DparHmVommQ

「白鳥の湖」といえば、やはりこの曲。誰もが知る有名な「情景」を中心に自由に選曲された演奏会用組曲。
なによりも演奏が素晴らしい。
https://www.youtube.com/watch?v=-sdWzUYEuZI

音楽のみ、全幕(全曲版)はこちらをどうぞ。
一度は耳にされたであろう「あの曲」たちは、バレエの物語り順ではどのシーンで聴かれるでしょうか?
組曲版とは違った楽しみ方や新しい発見があるかもしれません。
https://www.youtube.com/watch?v=JG5tXNhyczc