留守key@blog

作曲家創作漫画を描くサークル「留守key」のブログ。

新刊『クーチカ!』Ⅱ(第2巻)のお知らせ

ロシア五人組たちのショートストーリー「クーチカ!」(不定期発行のフリーペーパー)、第4話と第5話に加えて新作第6話(描きおろし、4ページ)をまとめた小冊子『クーチカ!』Ⅱ(第2巻)ができあがりました。

11月23日(月・祝)開催のCOMITIA134にて、初売り開始です。

既刊の『クーチカ!』Ⅰ(第1巻)ともども、会場でお手に取っていただければ嬉しいです。
DSC04120


stay home応援企画 11月「クーチカ!」第5話 公開 

stay home応援企画 11月「クーチカ!」第5話 公開 

新型コロナウィルス感染症の拡大にともなうstay home応援企画。

「ロシア五人組」の忙しい日々を軽いギャグタッチで描いた、見開きショートストーリー漫画。

第5話は「ムソさんの主題!」
第4話から時間は過ぎ去り、ムソさんの最晩年。
入院中のムソルグスキー、執念の一曲とは?
なお、この入院中に移動派の画イリヤ・レーピンが見舞いに訪れながら病床のムソルグスキーを描いた。

2019年2月のイベントで無料配布しました。


※許可のない転載や複製はお控えください。著作権は留守keyが保持しています。

クーチカ5話
クーチカ5話

この時にイリヤ・レーピンが描いたムソルグスキー。
有名な作品なので、ムソルグスキーの肖像としてもよく使用されているが、
この時期のムソルグスキーは精根尽き果て、ただ病床で死を待つばかりの身であったこと覚えておいてほしい。

この数週間後にムソルグスキーは亡くなった。
なお、レーピンによるこの肖像画はムソルグスキーの死後、すぐに競売にかけ、その売上金でレーピンがムソルグスキーの墓を購入したとも言われている。

レーピン





11/23 COMITIA134、サークル参加します

COMITIA 134 開催!

日時:2020年11月23日(月祝) 12:00~16:00
場所:東京ビッグサイト西1・2ホール
留守keyのスペース: つ 14 a

COMITIA復活、おめでとうございます!
主催者様、スタッフさまのご尽力により、コロナ禍でも開催できるようになりました。
久しぶりのKOMITIA、大きなものではなくても何か新しいものをと準備中です。

ムソルグスキー/交響詩「はげ山の一夜」 他、既刊の作曲家創作漫画を持参いたします。
会場へお越しの際には、ぜひ留守keyのスペースにもお立ち寄りください。

※なお、参加に際して主催者さまより感染症拡大防止対策が設けられています。事前にお目通しくださいますようお願い申し上げます。
http://comitia.co.jp/html/134taisaku.html