留守key@blog

作曲家創作漫画を描くサークル「留守key」のブログ。

stay home応援企画 6月「ドヴォルザーク」公開 3

stay home応援企画 6月「ドヴォルザーク」公開 

作曲家創作漫画 ドヴォルザーク/交響曲第9番ホ短調「新世界より」
前回から続き。

楽曲コラム編。
ドヴォルザーク18-19
ドヴォルザーク20-21
ドヴォルザーク22-23

ドヴォルザーク編の公開はこれで終わりです。

さて、楽曲の紹介をいくつか。

ドヴォルザークは若い頃にブラームスに見いだされて活躍の場を得ることができました。
いわば恩人であり、子弟のような関係だったのかもしれません。
ブラームスのヒット作として楽譜が売れた「ハンガリー舞曲集」がありました。
ピアノ4手(または、ピアノ独奏)の楽しい舞曲集が誰でも演奏できる楽譜として人気があったそうです。
それを真似て、ドヴォルザークにも同じような曲を作曲して楽譜を売り出すよう勧めました。
それが、「スラブ舞曲集」です。
同じくピアノ4手(または独奏)の楽譜が、ブラームスの宣伝もあり大いに売れ、ドヴォルザークは金銭的にも助かったのだそうです。
この二つの曲集は、いわば兄弟作のような作品です。
ブラームス/ハンガリー舞曲集から 第1番
https://www.youtube.com/watch?v=3jYk9DkN4qI
同じく第4番・第5番・第6番の抜粋
https://www.youtube.com/watch?v=XfG16bvaWXo

ドヴォルザーク/スラブ舞曲集から
https://www.youtube.com/watch?v=m1JwPcUh0uc

ドヴォルザークがアメリカに滞在していた間に作曲した作品は、交響曲第9番ホ短調「新世界より」だけではありません。
ドヴォルザーク/チェロ協奏曲ロ短調
情熱的な第1楽章、美しい第2楽章、郷愁さそわれる雄渾なフィナーレ第3楽章。
チェロの骨太でしなやかなソロが最大限に生かされた名曲中の名曲です。
https://www.youtube.com/watch?v=FVKb3DwPFA8
ドヴォルザーク/弦楽四重奏第12番ヘ長調「アメリカ」
https://www.youtube.com/watch?v=6piTRGlSzDg

この他、ドヴォルザークの作品はどれも健全で親しみやすく、また優しい音楽です。
この機会にぜひいろいろな楽曲に触れていただければと願います。

最後に、筆者が最も心うばわれているドヴォルザークの楽曲を紹介して終わりにします。
静かな曲ですがその美しさと微かに薫る懐かしさは一度聴いたら忘れることはできません。
ドヴォルザーク/ノクターンロ長調
https://www.youtube.com/watch?v=SMi500ulO-k

stay home応援企画 6月「ドヴォルザーク」公開 2

stay home応援企画 6月「ドヴォルザーク」公開 

作曲家創作漫画 ドヴォルザーク/交響曲第9番ホ短調「新世界より」
前回から続き。

50歳になって新大陸アメリカのニュー・ヨークを訪れたチェコの作曲家ドヴォルザークは…

ドヴォルザーク10-11

ドヴォルザーク12-13
ドヴォルザーク14-15
ドヴォルザーク16-17

では、ドヴォルザークが新大陸アメリカから故郷へ向けた便りのような気持ちで作曲したといわれる
交響曲第9番ホ短調「新世界より」 全4楽章を聴いてみましょう。
タイトル「新世界より」はドヴォルザーク自身が命名しました。
新世界とは、もちろんアメリカ・ニューヨークのことです。
https://www.youtube.com/watch?v=OV0KkYUa6iA

とくに有名な第2楽章は、「家路」の曲名で歌としても馴染みがあります。
この楽章だけ抜き出して聴いてみます。
https://www.youtube.com/watch?v=h3o5RzHGsp4

交響曲第9番ホ短調「新世界より」が初演された、こけら落とし間もないニューヨーク・カーネギーホール。
カーネギーホール1

カーネギーホール2


stay home応援企画 6月「ドヴォルザーク」公開 1



stay home応援企画 6月「ドヴォルザーク」公開 1

新型コロナウィルス感染症の拡大にともなうstay home応援企画。
月替わりの6月の2作目は「ドヴォルザーク」です。

作曲家創作漫画同人誌の第4作として、2012年3月に初版を発表いたしました。
好評をいただき、現在は第2版の第3刷りとなりました。

初版発表の一年前2011年3月11日に「東日本大震災」がありました。
奇しくもその一年後の同じ日に開催されることになった某オーケストラによる「東日本大震災復興支援公演」。
オーケストラ主催者様とのご縁があり、公演とのコラボレーション企画として緊急発表されたのが本誌です。
同人誌のイベントではなく、オーケストラ演奏会の会場で初版を発表ということになりました。

テーマ曲は、ドヴォルザーク/交響曲第9番ホ短調「新世界より」。
チェコを代表する作曲家の有名曲であり、世界中の人々から愛されている人気曲の創作過程を描いてみました。
今回もその全ページを数回に分けて公開させていただきます。


マンガに関連する事項などの参考リンクや、テーマ楽曲のおススメ版も動画サイトのリンクを貼っておきます。
マンガと一緒にぜひプロフェッショナルの素晴らしい演奏でお聴きください。

※なお、画像は低解像度であることをご了承ください。
※また、許可のない転載や複製はお控えください。著作権は留守keyが保持しています。

ドヴォルザーク表紙

ドヴォルザーク02-03
ドヴォルザーク04-05

ドヴォルザーク06-07

ドヴォルザーク08-09
(次回に続く)

ドヴォルザークはドイツの大作曲家ブラームスとの深い縁で世に出ることができました。
ブラームスが審査員を務めるオーストリアでの奨学金コンクールで、ドヴォルザークによるある作品を目に留め、ブラームスとドヴォルザークの関係が始まります。
そのきっかけとなった曲が、ドヴォルザーク作「モラヴィア二重唱曲集」というタイトルの美しい歌曲集でした。

「モラヴィア二重唱曲集」より作品32
https://www.youtube.com/watch?v=sDwiyl5FRJg