留守key@blog

作曲家創作漫画を描くサークル「留守key」のブログ。

Au peuple Français.(フランスのみなさんへ)

Au peuple Français.
Nous sommes attristés par l’incendie de la Cathédrale de Notre-Dame de Paris. C’est la perte d’un patrimoine universel exceptionnel. Nous sommes touchés dans nos cœurs par cette tragédie en pensant à votre incommensurable tristesse.
La belle Notre-Dame, symbole et coeur de Paris, a marqué l'histoire de France et l'esprit des Hommes.
Tel d’Artagnan arrivant de Gascogne, qui a dû être émerveillé par cette figure emblématique qui a inspiré tant d'artistes.
Nous avons un profond respect pour votre courage et votre détermination à réhabiliter ce patrimoine inestimable.
Au Japon, le 16 avril 2019
Russkey

「フランスのみなさんへ」
この度のノートルダム大聖堂における大火災と偉大なる文化の喪失、そして計り知れないほどのみなさんの悲しみに、私たちも心を痛めています。
美しいノートルダム大聖堂は「三銃士」のダルタニャンたちが活躍した時代よりもずっと以前からパリのシンボルとしみなさんの歴史とともにあったのだと思います。
ガスコーニュからパリに着いたダルタニャンは、そびえるノートルダム大聖堂の壮麗な姿を目の当たりにして、さぞや胸を躍らせ、偉大な文化を誇りに思ったことでしょう。
ノートルダム大聖堂の再建に向かうみなさんの決意と勇気に、私たちは日本から深く敬意を表明いたします。
留守key 2019年4月16日

ノートルダム


パリ・ノートルダム大聖堂

「三銃士」(マンガジュニア名作シリーズ・学研教育出版)
この一冊は2014年に発刊された、私たち留守keyの実質上プロデビュー作です。
児童書ではありながら大人の方も含むたくさんの方に読んでただいています。
そして、ご縁があり、原作者レクサンドル・デュマのフランスでも仏語版として発刊していただきました(nobinobi)。
フランス語版は地元出版社で版をいくども重ねていただき、留守keyの「三銃士」がフランスのたくさんの読者たちに好意を持って迎えていただけていることに深く感謝をしています。

主人公ダルタニャンと三銃士たちが活躍した時代はルイ13世の時代。
その頃にはすでにパリのシテ島に美しいノートルダム大聖堂がそびえ立っていました。
それだけ長い歴史をノートルダム大聖堂はフランスのみなさんと共にされてきたのだと思います。
この度のパリ・ノートルダム大聖堂火災いついて、心を痛めています。
遠く日本からは何もできませんが、出版社やエージェントさまのご協力をいただだき、メッセージを送らせていただきました。
「三銃士」で少しでもご縁があった私たちの、今できる精一杯のことです。

「みんなは一人のために、一人はみんなのために」
ラストページ
表紙


5/12 COMITIA128にサークル参加します!

次回参加イベントのお知らせです。

COMITIA128
20019年5月12日(日)11:00〜16:00
会場=東京ビッグサイト青海展示棟 http://www.bigsight.jp/organizer/facilities/aomi/
※いつもの会場とは違います。ご注意願います。

留守keyのサークルスペース= C29b

なにか新しいものを出せればと、鋭意画策中です。
詳細は後日。