留守key@blog

作曲家創作漫画を描くサークル「留守key」のブログ。

『スラーヴァ!』内容紹介

『スラーヴァ!ロシア音楽物語』の内容について、少しだけお知らせをさせていただきます。

♦ロシア音楽作曲家6名の創作漫画
「ロシアよ!」・・・グリンカ/歌劇「イワン・スサーニン(皇帝に捧げた命)」
「FUNERAL~葬送~」・・・ムソルグスキー/組曲「展覧会の絵」
「SCHEHERAZADE~シェエラザード」・・・リムスキー=コルサコフ/交響組曲「シェエラザード」
「Союз~ソユーズ」・・・ボロディン/交響詩「中央アジアの草原にて」
「HOMESICK~ホムシック~」・・・ラフマニノフ/交響曲第2番ホ短調
「Tuning!~チューニング!~」・・・ショスタコーヴィチ/交響曲第5番ニ短調

♦特別企画
巻頭カラー「黄金の大ロシア音楽年表」ほか

♦番外編 コラムとイラスト
「ロシア五人組」 結束力ある仲間たちを紹介
「チャイコフスキー」 ロシア音楽を世界に広めた作曲家の魅力
「発展するロシア音楽」 ロシア五人組の後の時代と潮流

♦作品解説 留守keyがお勧めする
「ロシア音楽作曲家の、この一曲」


『スラーヴァ!』の見本誌が届きました!

出版社さまより、見本誌が届きました。

ご覧のようにとても素晴らしい装丁にしていただきました。
実は、デザインだけではなくカバーや表紙の用紙にもこだわりが…。
これは、ぜひ直接手に取っていただき、その色合いと感触を味わっていただきたいのです。
写真ではちょっと伝わらないのが、もどかしい。
また、品のある金色を使用していただいた帯のキャッチコピーも気に入っています。
編集ご担当さま、デザイナーさまに心から感謝です。

今日は、さっそく作画のあお氏とともに見本誌を前にして、出来上がりの喜びを分かち合いました。
4月25日、全国書店にて発売とのことです。
IMG_0512

『スラーヴァ!ロシア音楽物語』発売決定!


ついに発行いたします。留守key念願のロシア音楽本です。

グリンカからショスタコーヴィチへ。
これまで同人誌として発表していたロシア音楽の作曲家創作マンガ、ラフマニノフ、リムスキー=コルサコフ、ムソルグスキー、ボロディンに加え、本書のための描きおろした入魂の新作マンガ「グリンカ」と「ショスタコーヴィチ」を収録。マンガの解説やコラムなども書きおろしました。
留守keyのマンガと解説で近代ロシア音楽の流れを一気に読むことができる構成です。
詳細は続報にて。

『スラーヴァ!ロシア音楽物語』学研プラスより、全国書店にて発売(今月下旬)¥1,404-

表紙_スラーヴァ!ロシア音楽物語
※表紙画像は出版社さまの許可をいただいて掲載しています。